長寿日本一となった長野、その秘訣とは

「健康・長寿」と言えば沖縄が日本一というのは今や昔。

平成22年の平均寿命の調査では、長野県が男性 80.88歳、女性 87.18歳で全国第1位に輝いています。

今でこそ日本一の長寿県になった長野県ですが、男性は昭和40年の段階では全国9位、それが昭和50年から順位を上げ続け、平成7年から連続で全国1位をキープしています。

一方、女性は昭和40年では26位でしたが、同じく徐々に順位を上げ、平成7年についにベスト5入り。そして平成22年では男女ともに1位に。

長野県はどのようにして、1位に躍進したのでしょうか?

⇨続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ